しわの美容液、首のしわが気になる女性に

暑い季節になると、首を見せる機会が多くなります。

昔は首を見せることに抵抗がなかったのに、首のしわが気になりだしたら、首を見られるのが嫌になりますよね。 何より、老けて見られますし。

この首のしわ、なんとかならないかな~

当たり前の話ですけど、何もせずに首のしわが消えることはありません。 首のしわが本当に気になるなら、それに対処できるしわ美容液が必要になります。

首のしわ対策、どうする?

まずは、なるべく首にしわができないように注意する

当然ですけど、しわはできないにこしたことはありません。 そのためにも、きちんとしたシワ予防の対策が必要です。

確かに年をとるとしわができやすくなりますが、ある年齢で必ずシワができるということはありません。

少しでも若く見られるためにも、しわができにくいカラダなりたいですよね。
でもその対策は?

必ずやってほしい、しわ予防の対策は

・紫外線対策
・乾燥対策

です。実際、女性のしわができる原因の大半が上の2つといっても、 言いすぎではありません。 そのためにも、普段から保湿と紫外線には気をつけて下さい。

それ以外の原因としては、睡眠不足・食事バランスの乱れ・ストレスが挙げられます。 これらは、普段の生活スタイルに関わることなので、日頃から気をつけたいですね。

それでも首にしわができてしまったら・・・

できないようにと気をつけても、それでもしわができてしまうこともあると思います。その場合は、ほうれい線を消す化粧品を使ったスキンケアが不可欠です。

でも、具体的にどんな化粧品を選べばいいのでしょうか? しわをケアするためには、以下の成分が入ってることが大事です。

ビタミンC(肌のコラーゲン層を刺激して、ハリのある肌を作ります)
コラーゲン(肌の保湿力を回復させ、肌の潤いを取り戻します)
アミノ酸(肌に潤いを与えて、しわを修復します)

特に、コラーゲンやアミノ酸は年齢とともに肌から失われていき、 40代になると、お肌のアミノ酸・コラーゲンが20代の頃の半分のしかない と言われています。 そのためにも、効果的にアンチエイジング化粧品で必要な栄養を補給したいですよね。

首のしわ対策の美容液は?

首のしわが気になる方は、上に挙げた条件を満たす化粧品を選んでほしいのですが、一つ問題があります。

アンチエイジング化粧品は種類があり過ぎる上、各社ともそれっぽい宣伝文句を使っているため、 かえって選ぶのが難しくなっているのです。

そこで、1種類だけオススメのシワ化粧品を紹介します。 それは、ビーグレンのしわ化粧品です。

ビーグレン化粧品の特徴として、上に挙げた3つの条件をすべて満たしているのが一つ。 でも、もっと大きな魅力は、ビーグレン化粧品が持つ浸透力です。

皆さんもご存知のとおり、スキンケア化粧品で浸透力は何よりも大事です。 どんなに有益な成分が入っていても、肌に浸透しなければ効果がないですからね。

この点、ビーグレンは世界特許を取った浸透技術を化粧品に採用しています。
実はビーグレンの化粧品は、みるみる肌に浸透すると口コミ掲示板でも大評判なのですが、こういう理由があったのです。


今まで色んなアンチエイジング化粧品を使ってがっかりしてきたという方や、
あと1ヶ月の間に首のしわをなんとしたい、という女性の方は試してみる価値があると思いますよ。
マリーブ化粧品

ドライ肌の方は早めにほうれい線ケアを始めましょう

ほうれい線はもちろん、様々なシワの原因に深く関わっている要素は、やはりお肌の乾燥です。 20代の比較的若い女性の中でも、乾燥肌がもととなるシワやほうれい線に悩まされているケースは少なくありません。

乾燥はシワやホウレイ線に限らず、数々の肌トラブルの原因だとも考えられていますので、若々しく美しいお肌を目指すのであればやはり毎日の保湿が不可欠なのです。

また、お肌の乾燥によるシワには様々なものがあり、例えば目元にできる細かなちりめんジワなどは、お肌でも浅い層の表皮層に起こった乾燥が原因だと言われています。 見た目に小さなシワなのであれば、毎日の保湿で解決できてしまうことも多いようですね。

これに対し、ほうれい線などの深く大きなシワは、お肌の深くにある真皮層というそうのコラーゲン不足が関わっていると考えられ、小手先のケアによる保湿では消すことができない、とお考えの方が多いようです。

ところが、そのコラーゲンの減少自体も、乾燥が原因となっていることがあります。乾燥は、真皮にあるコラーゲンなどのハリ・弾力成分を作り出す力を抑えてしまい、ハリや弾力を保てなくなったお肌にはたるみや大きなシワができてしまうのです。

つまり、ほうれい線の原因にも乾燥は大きな要素として考えられるというわけですね。ほうれい線でお悩みなのであれば、やはりお肌の保湿に注意を払うことは必須なのです。

また、たとえ現段階でほうれい線が出来ていなかったとしても、もともとドライ肌タイプである方は、 これから先に現れるであろうほうれい線に対するケアを早めにスタートさせておいたほうが良いでしょう。

毎日のスキンケアで保湿を心がけることはもちろん、乾燥がちな冬や、また夏場でもエアコンの風に当たる時など、室内の湿度管理にも着目しておくことをお勧めします。 加湿器の利用もいいですが、洗濯物の部屋干しなどでも乾燥を防ぐことができますので、 身近な工夫からほうれい線ケアをスタートさせてください。

ほうれい線ケア《男性の場合》

昨今では、以前に比べ美容を意識する男性が多くなってきたように感じます。メンズ用の基礎化粧品なども様々なものが登場し、男性にとって敷居の高かったスキンケアも、これまで以上に 身近な存在になっているようですね。

とはいえ、やはりまだまだ「美容=女性の問題」という意識は根強く、興味はあっても踏み出せないでいる男性も多いのではないでしょうか?

ここでは、男性のほうれい線ケアについてお話しいたします。

たとえ男性であったとしても、人間であれば誰しもが等しく歳をとります。美容に敏感な女性であれば、毎日鏡で自分の老化をチェックし、その都度様々なケアをすることもあるでしょうが、 男性の場合「気づいた頃には結構老けこんでいた」ということも珍しくないでしょう。

いくら男性であっても、自身の老化にショックを受けないわけがありませんよね。 とくにほうれい線の存在は一気に印象を老けさせてしまいますので、なおさら気にする方も多いはずです。

男性の場合、女性よりもお肌に負担をかける機会が多いようです。ゴシゴシ洗いをしてしまう方の洗顔方法や、紫外線対策をしていない方の紫外線ダメージも大きいですが、中でもとくに注意して欲しいのは毎朝のシェービングです。

それほど自覚はなくとも、毎朝の習慣ですので、少しづつでもお肌にダメージを与えていることになっているはずです。

シェービングフォームを使いお肌への刺激を最小限に抑えるとともに、シェービング後は化粧水をつかって保湿を行ってください。シェービングフォームは、カミソリとお肌との摩擦を軽減させ、刺激を小さく抑える事ができます。またヒゲ自体も柔らかくなり、お肌への負担も小さく済むようになるでしょう。

また、当然ですが女性のほうれい線対策と同様に、保湿や紫外線対策を行なうことをお勧めします。 特に紫外線は、様々な老化現象を早めてしまう原因だと言われていますので、 一年を通して紫外線によるダメージからお肌を守ってあげてください。

メニュー

ページの先頭へ